ブログトップ

ゆきの地球めぐり旅(エキサイト版;旧ブログ2004年10月〜2013年9月)

hitoritabi.exblog.jp

1970年代旅人3年半、48歳でリタイヤ *その後再び『旅人生活』 *拠点&在住は「カナダ」の山の中の『バンフ』@何事もシンプルに! @今のこの一瞬を楽しむ! @出会いを大切に!『毎日更新』(旅移動中は時に例外も)

カテゴリ:*ボリビアbolivia2007( 28 )

b0051109_10422466.jpg
       <雲の感じがいい〜>


  どうしても ここの夕日写真を見てもらいたく 数枚も載せます

湖などは どの国でも どの町でも どの村などにでもある・・・


 でも・・・ そこが 標高3850m というと これはまた違うだろう・・・ と・・・


実際  湖だけ見たって 3000mを軽く超え 

   いや ほとんど4000mに近いなんてとても感じない


b0051109_1047281.jpg
       <この日は 雲もなく湖に沈む夕日>


自分の意識の中で 「ああ〜ここは高い所なんだね・・・」と思っていないと・・・

    やはり その標高は感じない・・・


もちろん 走ったり運動したりすれば すぐに息が切れ その高さが判る!!

 でも・・・ただただ  漠然と ボッーと 湖を見ているだけなんで ・・・

    そのことは 感じないんです〜〜〜 ^ー^


b0051109_10511392.jpg
       <日が沈むと急に肌寒くなる>


 太陽が出ている間は 紫外線も強く 暑く感じるけど

  その湖に 日が沈んでしまうと

急に 寒くなって 上着を 着てしまう


b0051109_1053177.jpg
       <いつまでも遊んでいる子供たち>


そんな中でも 子供たちは元気!!

 何処の国に旅しても 子供たちは元気〜〜

日が暮れ 肌寒くなってきても 暗くなってきても

  いつまでも 遊んでいる・・・


    そう・・・ここは 『ボリビア コパカバーナ』 の 『ティティカカ湖』 です



(標高3850mのティティカカ湖です ペルーとボリビアの国境でもあります)
 



写真は 2007年2月&4月のものです





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-05-24 11:13 | *ボリビアbolivia2007
今日5月18日は カナダの祝日「Victoria Day] です

  昨日のバンフは 気温が18度もあって 暖かかったのに・・・

   今日は 一転 雪がチラチラと降る 寒い日になってしまった・・・

毎日がコロコロ変わるこの天気・・・ どうなっているんだろう・・・


         *  *  *  *  *  *  *


今日は かわいい 『リャーマ』(リャマともラマとも呼ぶ) の写真ネタです


b0051109_6465379.jpg
       <少年と子供のリャーマ>


  この 『リャーマ』 は南米のアンデス山脈に生息している 
   (リャーマに関しての詳しいことは『リャーマ』をクリック)

多くのリャーマは 家畜だったり ペット的(ではないが・・)な感じもする

  上の写真は 明らかに 「ペット」のようだった・・・

    耳のリボンがかわいい〜〜


b0051109_6532215.jpg
       <ティティカカ湖畔の駄菓子屋で>


 少年が「駄菓子屋」で 何かお菓子を選んでいる時も

  ジッとおとなしく待っている リャーマ・・・


b0051109_658050.jpg
       <太陽の島で飼っていたリャーマたち>


 家畜として飼っているリャーマは 

   とても『働き者』&『力持ち』&『小食+何でも食う』と優秀な家畜だが

やや・・・『頑固』な性格もあるようで 憎めない奴だ・・・^ー^


b0051109_712776.jpg
       <ティティカカ湖で水浴び〜〜>


 たまには 水浴びもして 

  身体だって綺麗にするし〜〜


b0051109_724316.jpg
       <太陽の島での羊たち>


   もちろん 羊も家畜として飼っています


アンデス山脈の「食料が少ない」 「水も少ない」 「標高が高い」

  と厳しい環境では 「非常に重要な家畜」なんです


実に 『優れものの動物&家畜』 リャーマ なのです〜!!  ^ー^



(リャーマ写真の撮影場所はこのコパカバーナ&太陽の島です)
(左上[ー]をクリックすると南米地図になります)


注;南米には「リャーマ」「アルパカ」「ビクーニャ」「グアナコ」と

     同じ仲間がいて 見分けがつきにくいです・・



     写真は 2007年2月末 ティティカカ湖畔にて



<ブログ引っ越し>のお知らせ

新しい引っ越し先は『FC2ブログ』で以下のサイトです

   ゆきの地球めぐり旅 (ここをクリック)(同じ題名です)

この新しいブログで毎日更新してるんで よろしくお願いします

*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-05-19 07:32 | *ボリビアbolivia2007
b0051109_8283189.jpg
       夕日がティティカカ湖に・・・


  いつも眺めている夕暮れ時は 海とか湖の場所が多い・・・

   ここは 『ティティカカ湖』 (Lago Titicaca)  ボリビア・コパカバーナ


  この町のこと・・・ 好きな町なのでよく記事にも書いた


b0051109_83237.jpg
       ティティカカ湖にはおもしろい雲が・・・


  ただただ・・・ 湖を眺めている


ほんの・・・20年前まで 僕は

 「迅速」 「効率」 「合理的」 「無駄なく」 ・・・など求めていた・・・


いま・・・僕は

 「ゆっくり」 「ダラダラ」 「適当」 「無駄ばっかり」 ・・・を出来るだけ目指している

 10年前にリタイアーして 時間はタップリある 

何故 急ぐ必要があるのか・・・ 

   出来るだけ『遠回り』をしようではないか


目的地に行くのに 『ゆっくりと大回りをして〜』

 そして 『シンプルな道』を!!


b0051109_8452617.jpg
       夕焼けも美しい・・・


 そんなことを考えていたら・・・

もう 「夕焼け時間」になっていた・・

  腹も減ってきた・・・

さぁ〜今夜は 何を食おうかなぁ〜〜〜・・・


b0051109_8495690.jpg
       「トゥルーチャ」(マス)の味は鮭の味


やはり ここ「ティティカカ湖」ご自慢の 

  『トゥルーチャ』 (まるで鮭のようなマス) しかないよね!!


腹は減っているけど ガツガツせず 「ゆっくりと味わって」食うことにしよう・・・

 『なにせ 時間は たっぷり あるのだから・・・』 



     2007年2月 ボリビア、ティティカカ湖畔コパカバーナで




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-05-11 08:59 | *ボリビアbolivia2007
  ボリビアの国の アンデス山中に

    『ラグーナ・ベルデ』 という湖がある

ベルデは スペイン語で 「緑」の意味


b0051109_5563428.jpg
       静かな ラグーナ・ベルデ


 ボリビアのウユニ塩湖を後に

  アンデス山脈の道なき道を走り チリの国境に向かった

その手前に この 不思議色の湖・ラグーナが現れる・・・


b0051109_624762.jpg
       空の色も写す 淡いラグーナ・ベルデ


  この ただただ 淡い色・・・ その中の 蒼い空 ・・・

     見たことがない景色だ


  高台から 周りを見ると


b0051109_665266.jpg
       

軽く4000m は超えているアンデスの山々・大地には・・・

 木などは一本も生えてない


  遠くの地平線まで ずっと見渡せる〜〜〜^^

なんとも言えない晴れ晴れしい気持に 思わずさせてくれる・・・


b0051109_6131232.jpg
       素朴な立て札


 「Esta es mi tierra BOLIVIA Bienvenidos!」

   「私の大地ボリビアにようこそ!」 と・・・


 この立て看板を見ることが出来る人は 何人いるんだろう・・・



   2007年3月20日 僕はこの日アンデスを超えチリに入った





*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-05-08 06:31 | *ボリビアbolivia2007
ボリビアの『ラ・パス記事』です〜

  すり鉢状の町ラ・パスの全景写真です

b0051109_11154444.jpg
       ラ・パスの下町方面です


  僕のカメラでは とても全景を一つの写真では収まりません

いろんな所から撮りました〜

b0051109_11181684.jpg
       エル・アルトからの景色


  この道をどんどん下って行くと ラ・パスの中心地に入って行きます

標高3650mの首都  この位置からは 4000mを超えている


b0051109_112147.jpg
       山の上の上まで家々がぎっしり


 昔1975年の南米旅中に このラ・パスの町に 4ヶ月も滞在した

    とてもとても「思い出多きラ・パス」


b0051109_11241387.jpg
       イリマニ 標高6439m


  ラパスの象徴的山 「イリマニ」 !!

3650mからの標高からでも ひと際目立って聳えている!!

 僕の好きな山だ!!


このイリマニを見ると 「ああ ラ・パスだ」といつも思う



     この写真は 2007年3月のものです


<ブログ引っ越し>のお知らせ

新しい引っ越し先は『FC2ブログ』で以下のサイトです

   ゆきの地球めぐり旅 (ここをクリック)(同じ題名です)

この新しいブログで毎日更新してるんで よろしくお願いします



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-05-07 11:31 | *ボリビアbolivia2007
b0051109_15393380.jpg
     <町中の夜 こうして屋台が出る>


  僕の中で この お気に入り写真


    ここは ボリビアのコパカバーナ

コパカバーナというと どうしても ブラジルのリオが有名だが・・・

  ボリビアに旅したら  ここしかない!! (ティティカカ湖の畔の町)


 上の写真は そのコパカバーナの町中の通りでの夜店(屋台)・・・

   なんとも 映画の中のワン・シーンのような と自分では思っている ^^


b0051109_15455996.jpg
     <今夜の晩飯なのか インディヘナの母子>


  決して・・・豊かではない生活をしている アンデスの人々・・・

   こうした夜店・屋台での食事は安価で便利なのだろう


  僕は いつも 何故か・・・ こういう姿・状況・風景に惹かれてしまう・・・


b0051109_1551765.jpg
     <ティティカカ湖の魚を売る>


   昼には こうして道端で 『ティティカカ湖で獲れた魚』を売る

(ここの魚は『トゥルーチャ』というマス料理が有名 *ボリビアのコパカバーナという町を参照)


    もちろん 昔ながらの インディへナの服装・帽子でだ


b0051109_15562364.jpg
     <大きめの帽子はアンデスでは必要>


   このバナナを食っている子供は 

お母さんから待っているようにと 言われたのだろうか・・・

  横に置いてある 大きな買物袋が なんともいい ^ー^


  こんな ボリビア・・・ 好きですね〜〜〜!!  ^ー^



        この写真は 2007年2月26日 コパカバーナにて






*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村



 
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-04-20 16:14 | *ボリビアbolivia2007
ボリビアの首都ラ・パス

  標高が高くて 坂道が多くて 息切れがして ・・・

そんな中に ・・・

  メルカード(市場)がある

どの国行っても 僕はメルカード(スペイン語で市場)が好きで

   よく 歩き回る  何も買わなくても なんかおもしろい


    きっと  地元民の生活を目の当たりに見ることができるからだろう〜

b0051109_22121135.jpg

   (写真は1975年3月当時のメルカード  石畳の狭い道にあった)

b0051109_22154370.jpg

    (これも同じ1975年3月のメルカード  ここはやや大きな通り)


         そして

b0051109_22173960.jpg

     (2007年3月のメルカード  ずいぶん華やかだ)


32年という長い年月の割には 意外に大きくは変わっていないような気がする


 インディへナのおばちゃんの服装 山高ぼうも同じだし

  多少の服の色が派手かな〜と思っても それほどでもない


このボリビアという国は 32年経っていても 

  インディへナの人々の生活はあまり変わっていないのかも知れない 

今もって 厳しい生活かも知れないのだ


実に自分勝手だが そんなに変わっていないボリビアが好きなのは僕だけかなぁ〜  


            * * * * *


明日2009年2月5日からは 台湾なんで 台湾記事です

  ただ・・・毎日更新が出来ないかも知れませんが 出来るだけ書くんで

    また  ヨロシク〜〜〜!!!      *^-^*



*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-02-04 22:28 | *ボリビアbolivia2007
この前の記事 「32年間の比較」の第2弾です

 今回は 南米ボリビアの首都ラ・パス です


   標高3650m  山の上の方は 4000を超えている というこの街


b0051109_1636038.jpg

   1975年3月の ラ・パス(ボリビア)

b0051109_16372386.jpg

   2007年3月の ラ・パス(ボリビア)



まったく同じ場所から撮った写真ではないけど

  
やっぱり  ビル街 家々が 凄いですね〜〜〜


  山の上の方まで びっしりと家々が建っていました


僕も32年ぶりに訪れて 「ああ〜〜こんなに家が増えたんだ」と唖然!



  人口が増えたのは当然なんだけど

   山の上には 昔(1975年)には なかった町が出現していました!!

  エル・アルト (El Alto) という町


 それも  凄い!! 数の人たちがこの町に住んでいてビックリ!!

        でも・・・この辺り・・・やや 治安が悪いです


     人口増加 と 建物増加・・・ それにともなう 治安悪化

いずこの国々も 大変です ・・・ ひとり旅も昔より しにくくなって来ました・・・




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-01-28 16:50 | *ボリビアbolivia2007
南米ボリビア  ラ・パス記事をひとつ・・・


  首都としては 世界で一番標高の高い所にある ラ・パス (3650m 山の上は4000m以上)


 この町に来るのには もちろん 車 バスなどを利用しなければならない 

         (*昔は列車があったが 今は廃止)


昔は(1975年の旅のとき) バスターミナルなんて カッコいいものはなかった

でも 今じゃ〜〜


b0051109_2238591.jpg


  こんな立派な建物が なんと! バスターミナル

町中のセントロ(中心)から 少し登った所にある(歩けます)


 ペルーへの国境越えの時も  あの幻想的な 「ウユニ塩湖」 に行く時も


 (*ちなみに 僕は ウユニ塩湖には オルロから列車で行ったが・・・)

    このバスターミナルから バスは出ている


b0051109_22433118.jpg


 構内も 意外に(?)綺麗で 整然としている・・・

行き先も ちゃんと書いてあり 迷うことはない


 出発時間なども  まぁ〜正確・・・・・

ただ・・・ 到着時間が 時に 大きく狂うことがあるんで要注意

 (*ラ・パス=オルロ間のバスのとき 途中でストライキに遭遇して道路封鎖していた)


バス代などは 他の南米諸国に比べて 非常に安いです!!

  ま  バスはボロいけどね〜〜〜 ^ー^




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-01-24 22:51 | *ボリビアbolivia2007
ペルーから ボリビアに陸路で入国するとき

  大半の旅人は この国境を渡るでしょう〜


アンデス山脈のど真ん中に位置する標高3850mの湖ティティカカ・・・

 その湖に沿う町  プノ(ペルー側)
          コパカバーナ(ボリビア側)


b0051109_15571799.jpg

      (ペルー側からボリビアをのぞむ)


  この アーチ型を境に こっち側ペルー 向こう側ボリビア です

   国境を越えて走るバスは 手前で客を降ろし 我々は歩いて超えます


b0051109_161167.jpg


   そして

    ここ ボリビアのイミグレ(入国審査)でスタンプをもらいます(簡単です)

 何の問題もなく すんなり通過〜〜(大半の国々は1ヶ月の観光ビザ)

  
   そこには 国境を越えてきたバスが待機していて乗るだけ


b0051109_164349.jpg

     (ボリビア側からペルーをのずむ)


  無事 入国したら この国境を後に コパカバーナに向かって走ります


  ちなみに

ボリビアから ペルーに入国は その逆ルートで問題なく行けます

  ペルーは 3ヶ月の観光ビザをくれます (大半の国々ですが・・・)


    
  2007年2月&4月 国境で




*ブログランキングに参加しました*
 クリックをヨロシク~^^
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
[PR]
by tabibito-yuki | 2009-01-21 16:17 | *ボリビアbolivia2007